理念

《理念》

ココロ・ミル という塾名にある通り、子供のココロをベースに全てを考える日本唯一の塾。大人の論理・効率的な思想は自信を失った子供たちには通用しない

カリキュラム・指導・教材が決まっている大手塾とは逆の発想

「偏差値や模擬テストの点数」・「決まったカリキュラム」・「難関校に合格させるための教材」・「やる気」さまざまな要素が絡み合って中学受験の合否は決定します。大手塾は難関校への合格者数を増やすことを命題とし、独自教材の販売、メソッドの開発などなど余念がありません。しかしその影でどれだけのお子様が数年間夜遅くまで塾に通い、結果が出ず、親に怒られ、自信を失い、勉強を嫌いになってしまったのかわかりません。感受性が豊かな小学生時代にそのような経験をしてしまうと、今後の人生にも少なからず、尾を引いてしまう部分もあるかと存じます。といいますのも私は大学時代、塾講師をしておりました。それも御三家や早慶付属校などを目指す難関校系の進学塾です。何十人のお子様を目の前に集団指導をしている中であきらかに授業についていけていないお子様。難関校に行ける努力をしないお子様。またそんなやる気など全くないお子様。このようなお子様は顔を横眼に指導をしていた経験がございます。進学塾では難関校に合格させることが命題となっておりますが、「塾の目指すゴール」・「ご両親の意図」・「子供のココロ」がバラバラになってしまっている場合が多く、学力が上がらないまま受験を迎え、失敗してしまったケースも数多いです。そこでお子様の気持ち、ココロに目を向けないことは教育というのだろうか・・という疑問を持ち、塾講師をやめ、家庭教師をやることにしました。家庭教師では学力が停滞しているお子様を数多く指導、アドバイスさせていただきました。しかし進学塾で脱落しているお子様に対して、進学塾のノウハウや経験などを使用しても、無駄だとわかりました。課題を出してもやってこないなどは日常茶飯事。授業に遅れる。30分しか集中できない。1時間座ってられない。覚えることができない。努力をしない。塾に通う以前の問題が山積しておりました。塾のフォローをしてくれと言われましたが、フォローではなく、勉強の根本から指導しなければいけないケースが多々ありました。そこでお子様の気持ちを理解し、そこから本音で指導してみよう。子供に役に立つと思う事はご両親に何でも提案してみようと新たな試みをする決意をしました。
そうすると、
「こんな教材のテクニックを教えても、日々全く勉強してないんじゃ意味がない」
「図が好きな子が、文字だらけのテキストを使用しても理解しにくいよな」
「この子は暗記が得意だから、この長所を活かして他の科目も指導しよう」
など子供のココロをベースに考えることで、今までと違った指導ができ、子供も勉強がやりやすく、理解が早くなりました。結果、数多くのお子様の学力向上、ひいては受験に成功させることができるようになりました。この成功体験より私は子供のココロをベースに授業、指導方法、カリキュラム、教材を決める。つまり塾側がすべてを決めて、子供に押し付けるのではなく、子供のココロからすべてが決まっていくという自然な流れに従う方が一度つまづいてしまったお子様。大手塾などで伸びない、学校についていけないお子様にとっては最適なのではないかと思いました。そこにマニュアルは存在しません。1人1人のお子様に多大な労力を費やします。たとえば、やる気がない子であれば「どういった指導方法であれば少しは前向きに取り組んでもらえるのか?」という根本から考えます。ただの精神論ではなく、教材やカリキュラムなどのハード面、そしてユーザビリティーなども考慮します。このような地道な作業を1人1人してきて、10年以上がたち、指導してきた人数も2,500名も超えました。着実に学力の向上させる場数をかなり踏みました。偏差値40以下のお子様が早稲田や慶應などの難関中学への合格するといった実績も積み上がってきました。そして何よりお客様からの喜びの声やお子様との繋がりが強くなり、今では100名を超えるお子様と日々やりとりをしております。そんな場数を踏んだ私に、誰にも負けない能力がつきました。それはお子様の気持ちを察してあげる「洞察力」です。1人1人の子供のココロをベースに指導してきた経験がお子様が要求していることや躓いている部分。特性や性格などを把握する力です。といいますのも、子供が言う事を丁寧にヒアリングしたところで、成功しませんでした。子供が言うことでなく、子供のココロを察しなければいけません。理由は小学生のお子様では自分の学力の状況や問題点など、思っていることを正しく伝えることが言語力的に未熟なので難しいのです。また言いたくないという気持ちがある場合もあります。個別指導塾ココロ・ミルでは、経験値の高い塾長の私が、最初に全てのお子様を指導させていただいております。そこで1人1人のお子様とコミュニケーションをとり、様子や状況を見て、お子様のココロを察する。そこを起点にカリキュラム、教材、指導方法などを決めていくのです。すでにカリキュラム、指導法、教材などが決まっている大手塾とは逆の発想です。
ココロという数字化できない難しい部分をベースにした方が、学力が低迷しているお子様を中学受験で合格へ導ける可能性は高まると経験と実績が物語っております。目標は志望校に合格させることです。なんとなく良いことばかり言って結果にこだわること、結果から逃げることはいたしません。結果を出すということはプロフェッショナルとして前提にあることだと心得ております。ぜひお子様、ご両親様と良いご縁があればと思っております。

 

 

 

 

 

 

ページ上部へ戻る