指導方針

「なぜ大手塾で1年以上結果が出ないお子様を伸ばせるのか?」

《ココロをベースに指導する》

教材・計画・指導方法が決まっている大手塾とは真逆の発想でお子様を引き上げます

大手塾では難関校への合格者数を増やすことを命題とし、独自教材の販売、メソッドの開発などに余念がありません。結果難関中学への合格者数をかかげ、「自分たちも先駆者と同様に」と目標としたご両親様、お子様が入塾し、夢と希望を持って意気揚々と学習に励む決意をされます。しかしその影でどれだけのお子様が数年間夜遅くまで塾に通い、結果が出ず、親に怒られ、自信を失い、勉強を嫌いになってしまったのか?この数字は世の中には知られておりません。私たちはそのような大手塾で挫折してしまったお子様を数百名指導、改善してまいりました。そういったお子様を本気で改善するために必要なことは何を起点に指導を組み立てていくか?という教育の本質です。

ココロを起点に担当講師の選抜から、カリキュラム、教材、指導方法、指導科目や比重など全てを組み立てていきます。このベースを塾長、各校舎の校舎長にて実施いたします。その理由はお子様の気持ちを察してあげる「洞察力」が必須であり、コミュニケーション能力と現場経験がなければ察することはできないからです。ココロという数字化できない難しい部分をベースにした方が、学力が低迷しているお子様を中学受験で合格へ導ける可能性は高まると経験と実績が物語っております。

目標は志望校に合格させることです。なんとなく良いことばかり言って結果にこだわること、結果から逃げることはいたしません。結果を出すということはプロフェッショナルとして前提にあることだと心得ております。

 

SAPIX,早稲田アカデミー,四谷大塚,日能研等で最下位クラスのお子様。

1年以上成績が伸びないといったお子様。

当塾にぜひ一度お話しを聞きに来てください。

 

偏差値30以下。

家で勉強をしない。

集中力がない。

そんなお子様でも当塾は受け入れ、改善し、受験まで責任を持って指導させて頂きます。比較的学力の高いお子様を選抜テストで学力の高いお子様のみ受け入れる大手塾とは違い、学力が低く態度が悪いお子様を受け入れない。など塾側の都合でお子様の入塾の可否を決める塾とは違い、私たちは当塾までいらして頂いたお子様に対して真心を持って接し、お子様の可能性を信じ、合格に向けて全力で指導をしてまいります。

→ T.T様の合格体験記はコチラ

できないお子様に、良い講師をつける

講師の良し悪しがお子様の得意・不得意を決める

→ O.F様の合格体験記はコチラ

大手塾をはじめ、残念ながら上位クラスには良い講師を配置し、下位クラスは大学生のアルバイトが中心で良い講師が多いとは言えない構造になっております。1つ例をあげたいと存じます。実名と写真までご協力頂いております大森様の事例を出させて頂きます。大手塾日能研で数年間結果が出ず、下位クラスに低迷し、受験間際の11月に当塾の門戸を叩いて頂いた大森様。これまで日能研の集団授業、さらに日能研の個別指導塾であるユリウスに通ってましたが、結果がでず、本人も算数や理系科目ができないばかりか、苦手意識を強く持つようになっておりました。私が無料ご相談をしている際に、ご両様の目の前で模擬授業をしていく中で徐々に算数がとても苦手とは思えない一面が。問答の仕方により、表現方法によりお子様の目は輝いてくる。そこで「このお子様は理系の才能の方がむしろすごいです」といってしまいました。結果、受験では合格率が11月までで全くでていなかった第一志望校に合格できました。しかも苦手だと思っていた算数が2ヶ月弱で一番得意科目に。小学生はここまで劇的に変化するのです。良い講師に出会えれば。

 

《現場主義(机上で教育を考える人は当塾にいません)》

指導ができない。指導経験がない。講師・社員にお客様へのご提案やマネジメント管理はさせません。今大手個別指導塾、大手集団塾をはじめ、校舎数を拡大し続けております。結果指導経験が不足しているもの、もしくは指導経験すらないものが校舎長・室長になり、お子様の受験相談や学習指導をしている現状があり、そういったことがトラブルの原因になり当塾へご相談が増え続けております。

→ Y.I様(立教新座中学、立教池袋)の合格体験記はコチラ

ココロ・ミルでは現場主義を指導方針の柱として置いております。その証拠に塾長の山田自ら現在も現場にて指導をしております。現場で指導をしているからこそ、的外れなご提案はいたしません。また当塾では渋谷で6年間着実に実績あげてまいりました。結果お客様からのご紹介が増え、現在では兄弟揃って通塾されるお子様も多数在籍しております。そして7年目に麻布校を設立いたしました。それは十分経験・実績・指導レベルが高くなった社員が現場で育ってきたからです。

成績不振は「お子様・ご両親様のせい」ではなく「塾のせい」と考える

大手塾では課題をやらないことはお子様せいであり、ご両親様に管理を求めます。そして結果が出ないのはお子様、ご両親様のせいですというスタンスです。しかし当塾では考え方が180度違います。まず、ご両親様のストレスを無くし、家庭環境を良好にすることにつとめます。成績が伸びない期間が長くなりますと、ご両親様とお子様の関係も崩れてきます。ご両親様はお子様を厳しく叱るようになり、お子様のご両親様に対して不満を抱くようになってしまいます。そういった双方のストレスを取り除くべきか考えます。成績とストレスは実はとても深く関連しております。当塾では自習環境も整っておりますので、家でなかなか勉強できないお子様につきましては自習を当塾でしてもらっております。つまり自習管理も一括で行っており、課題管理も全て当塾で行うことも可能な環境です。

ページ上部へ戻る